化粧品についている香りの効果

化粧品には香りがついているものと無香料のものがあります。

香りは原料の臭いを消すために入れられているほか、アロマの効果でリフレッシュしたりリラックス効果を得るために入れている場合もあります。敏感肌用などの化粧品は香料が刺激になることを防ぐために無香料のものが多くなっていますが、原材料を精製をすることで原料の臭いを感じさせないようにしていたり、不快な臭いがしないようにマスキングしているものもあります。

香りを嗅ぐことによってホルモンバランスを整えたり、肌の細胞に働きかけてヒアルロン酸を増やす、肝細胞を元気にすることができる香りもあり、これらの効果を持つ香りを化粧品に入れることで皮膚に浸透する成分の働きだけではないアンチエイジング効果を得ることができます。どんなにアンチエイジング効果があることがわかっていても嫌いな香りではリラックス効果は得られずホルモンの分泌も悪くなってしまうため、自分が心地よいと思う香りのものを使用することが大切です。

化粧品ブランドの中には一つのアイテムでも数種類の香りが用意されており、自分の好みの香りのものを選ぶことができるものもあります。香りには天然香料と合成香料があり、人工的に作られた合成香料を使用するとアレルギー症状を引き起こす可能性や発がん性があるなどの問題があるため香りによる美肌効果を取り入れたい場合には天然香料を使用している化粧品を選ぶことが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *