新しいホワイトニング

subpage01

歯を白くするホワイトニングを希望する人は多いですが、実際に治療を受けたという人の割合は意外と低い物です。

従来のホワイトニングは、歯に漂白する薬剤を塗り、成分が浸透するようにレーザーなどの光を照射させる必要がありました。


この方法は確かに色を白くする効果があるのですが、漂白成分が歯にしみたり、ピリピリとした痛みを感じることがありました。

これは、レーザーなどの光によって温度が上がり、歯が痛みとして感じてしまうことが原因です。
人間の歯は5度で痛みを感じますが、赤外線のランプを照射した場合、歯の表面温度は26度まで上昇します。温度が低いと言われるハロゲンランプでも7度まで上がるので、痛みの原因になります。


そこで、新しいホワイトニングでは、患者さんの痛みや日買いな症状をなく歯をしろくするために、光を照射しません。


歯に塗る特殊なジェルの力だけで歯を白くすることができるようになったので、とても効率よく治療ができます。



また、今までの方法では、歯の負担を抑えるために、繰り返し施術する場合は数日あける必要がありましたが、新しい方法は熱を加えないので数日開けることなく続けて施術することができます。


これにより、就職の面接や結婚式など、急いで歯を白くしたい場合ににも対応することができます。


仕上がりも不自然な白さではなく、透明感を持った白さになるので、見た目がとてもきれいになります。

All Aboutの情報ならこちらで掲載されています。

歯への定着もよく、後戻りもしにくくなります。